発芽した赤松と五葉松


少し前に発芽した赤松と五葉松の芽が見頃(?)です。たまらなく可愛い瞬間を迎えています。

数年先には盆栽に仕立てていくことを見越して、実生苗を育てていくのは初期の初歩、小さな一歩です。

こちらが赤松。去年の種を冷蔵庫保存で冬越しさせ、今年の3月初めに蒔いたものです。

matsu_hatsuga_1

 

種を宙高くまで持ち上げて、放射状に出る葉が球状になるのが!たまりません!

matsu_hatsuga_2

 

こちらは五葉松。五葉松は去年12月にとりまきに見せかけて大慌てで蒔いたものです。

matsu_hatsuga_3

 

さすが五葉松は芽のころから短葉で、赤松のように上手に球状になるまでは葉を広げることができずに種の殻を落とします。

そして、比較すると如実に茎の太さ、種の大きさ、葉の長さの違いがわかります。

matsu_hatsuga_4

生まれたときからこれだけの性質の違いがあるんですね。

赤松は5月以降に折りをみて軸切り挿し芽をして腰を低くしようかなあと思っています。

 

ちょっとマニアックな喜び、夕日に映る影がまた、たまらん!!

matsu_hatsuga_5

 

他にも、山モミジ、カエデ、姫リンゴ、ツルウメモドキ、ケヤキ、ピラカンサ、蠟梅、イチョウなども絶賛発芽中〜!また後日紹介したいと思います。

追記:今年の発芽いろいろ

Share this Post: Facebook Twitter Pinterest Google Plus RSS

Related Posts

Comments are closed.