巻絹の株分け


元気にランナーを出していた巻絹ですが、いよいよ子株は大きくなり、親株はだらしなくなる一方。

我慢の限界。ついに子株を切り離して巣立ちのときです!

初春はこんなに綺麗だったのに

maki_3

先月には子株をたくさん出してカビルンルンのような姿に。元気なんだけど、ちょいダレしてきていました。

maki_7

 

そしてついにだれきったこの姿。。この一ヶ月は水のやり過ぎに注意してしっかり直射日光に当ててきたのですが、時既に遅し。でした。

makiginu_1

もう、親株にはやる気ないのかな〜

化粧を諦めたお母さん的な雰囲気です。この株も引き続きがんばってもらうし綺麗でいる気持ちを取り戻してもらうべく管理をしようと思っていますが、

makiginu_2

他の株はそこまで重傷ではないので、やはり鉢の性質上、水が多すぎたのかもしれません。

 

それはさておき、切り離した子株たちの可愛らしいこと♡ピュア!

makiginu_3

牛の大きさと比較していただくと、だいぶ大きいことがわかると思います。だいたい直径0.5m~1m(正確には5mm〜1cm程度)くらいでしょうか。成長が楽しみです。

makiginu_4

 

同じベイケイソウの仲間といえば、

シラユキミヤハゼの花がよく咲いています。写真で撮るとどうも黄色が色飛びしちゃうのですが、青白い葉の色が美しい日本的な多肉です。

makiginu_6

makiginu_5

Share this Post: Facebook Twitter Pinterest Google Plus RSS

Related Posts

Comments are closed.