necomoss


necomossについてご紹介します。

image

necomossは二人のメンバーで、主にミニ盆栽、山野草、着生植物などを愛でる植物活動をしています。

盆栽は玄人向きで敷居が高いイメージですが、本来日本の環境に合って自生する植物を育てるわけですから、基本のお手入れさえしてあげれば、自由な姿勢で、それぞれのデザインで気軽に楽しむことだってできるんです。

小さな鉢でも日本の四季を感じることができるのです。

芽吹いたり

花が咲いたり

実がなったり

紅葉したり

落葉したり

春夏秋冬、違う表情を見せてくれます。

また、着生植物と呼ばれるエアプランツやシダ植物や着生ランの仲間は、屋外に置いて育てる盆栽に対して、基本的には空中にハンギングして育てることができ、室内でも育てやすいため意外と共存しやすい組み合わせなのではないかと考えています。

一緒に植物を愛でる仲間を増やしていきたい!

いわゆる観葉植物と同様に、もっと若い人たちにもカジュアルに盆栽や着生植物を楽しんでほしい!

そんな想いでお店を出すことを目指して活動しています。

ご意見、ご質問、その他ご用件はなんでも

necomoss.ii@gmail.com

にお気軽にご連絡ください。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■ necomossの主宰:fumiyom

image

1983年 生まれ。園芸オタクの母のもと育つ。

武蔵野美術大学で絵画を学ぶ。

大学関係、デザイン、イラスト関係の仕事の中、歳時記に沿った日本古来の植物画を描く仕事を数年続けているうちに植物への興味を拡大していく。

観葉植物やベランダ菜園でジャングルの様な家に暮らしていた20代で初めての盆栽「一才桜」と出会い、盆栽への興味が拡大していく。

植物活動に目覚めた相棒との相乗効果で盆栽への興味が止まらなくなる。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■ necomossの相棒:siiiii

siiiii

1983年生まれ。茨城県は筑波山の近く、自然豊かな村のログハウスで育つ。

武蔵野美術大学で建築とフリースタイルを学び、筑波大学大学院で芸術とフリースタイルを学ぶ。

北米、中米、南米、西欧、中東、アジア諸国を主に陸路で巡る旅を経て、四季がある日本の植物の美しさと多様性を再認識する。

10代から継続した音楽活動、音楽制作、20代から研究し続けたカレー研究を経て、20代後半から盆栽と植物にはまる。

現在も音楽制作やコラージュ、インスタレーションの制作と並行して植物研究を継続中。

HP : http://siiiii.info


 

Share this Post: Facebook Twitter Pinterest Google Plus RSS

Related Posts

Comments are closed.