苔・こけ・コケ展2015 in京都府立植物園


11月3連休にふらりと立ち寄った京都府立植物園の植物園会館展示室で開催されていた「苔・こけ・コケ展2015」がとっても素敵だったので、紹介させていただきます★

koke_1

なんとも地味であり、なんとも魅惑的な展示!私、こうゆうの大好きなんです。

普段盆栽で使用するのは主にホソバオキナゴケ(いわゆるヤマゴケ)とハイゴケなのですが、他の種類のコケも日頃より興味津々で足下を見ながら歩いてしまいます。

展示室に入ると、希望者には虫眼鏡を貸し出してくれました。

もちろん借りるでしょ♡!

koke_5

肉眼で見る以上に細かーいところまで観察できちゃいます。(写真は妹)

そして、この作品を展示している「Moss Light-LED」さんのテラリウムシリーズが感動的な美しさなんです!

私のヘタクソな写真じゃ美しさをうまく伝えきれなくてMoss Lightさんに申し訳ないのですが、、紹介させていただきます!

koke_2

手前はもみじと石を、奥は白丁花と石を中心に構成されたミクロコスモス!

koke_4

こちらは半分は水の中の世界、水上には小島があるようで可愛いですね。水中のウィローモスの広がり方が自然の造形美!

 

koke_3

このガラスケースのゆったりした空間も好きだなあ!

 

Moss Lightさんの作品だけでなく、大きなモス作品(勝手に命名)やミニ盆栽も素敵でした。

koke_9

koke_8

虫眼鏡で散策すれば、テーブルの上のコケ空間(勝手に命名)も広い山の中に迷い込んだようです。見落としそうですが、この虫眼鏡の中に映りこんでる顔が怖い!!(写真は妹)

虫ってこうゆう感覚で生きてるんだろうな。。。

 

といことで、さっそくハートが熱く燃え上がっているうちに!帰路に近くの公園でコケを採取して、なんちゃってテラリウムに挑戦してみちゃいました!!

koke_6

素晴しいコケは用意したものの、思いつきなので素敵なガラスケースがありません。。

なので母が溜め込んでいたNESCAFEの空き瓶です。笑

koke_7

あまりにもスケールが小さすぎたかな、、、

いつもで綺麗な状態を維持できるか試してみたいと思います。

 

Share this Post: Facebook Twitter Pinterest Google Plus RSS

Related Posts

Comments are closed.